忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


最近カメラに興味を持ち、トーシローですが結構出費しました。

私が持っているのはRX100とPl1s、E-m5です。
PL1sは売ろうかどうか悩んでおります。

カメラにはセンサーサイズがあり、上記は1型、4/3型にあたります。

1型を基準に大きさを考えてみると

1/2.3≒0.2倍 1型=1倍 4/3型≒1.9倍 APS-C≒3.2倍 フルサイズ≒7.4倍

なぜ1型を基準にしたのかというと、
RX100の描写が良かったからです^^;


通常ですとやはり、1型、APS-C、フルサイズが選ぶ基準になるのでは?
とも思いますが、ある程度のレベルに達するとそれ以降については一般人にはあまり見分けがつかなくなる。
と思います。

料理でも、ゲームでも、PCスペックでも、なんでも当てはまると思います。

つまり玄人じゃないと見分けがつかなくなっていくのでは?
と考えてしまいます。

例えば1型と、4/3型。約2倍です。
APS-Cとフルサイズも約2倍です。

でもこの両者の2倍差というのも1型と4/3型を見比べるよりAPS-Cとフルサイズの差は大差がないと思います。

4/3型から見たAPS-Cはあまり変化がないが、4/3型からみたフルサイズは変化がある。

じゃあ、今APS-Cを持っている人は?
というとフルサイズを買っても素人から見たらあまり変化がないのでもったいないように思えます。

そうすると
①1型、APS-C
②1型、4/3型、フルサイズ

じゃないのかな~とも思います。
出費が少ないのは①であると思いますが、どうなることやら。


最大の満足値がフルサイズだとすると、センサーサイズが大きくなればなるほど、
同じ比率だと変化を感じないっていう関数が描けそうです(笑


ソニーがミラーレスのフルサイズを出すよりも、フォーサーズ陣営がフルサイズを出したほうが
良い気もします。そうするとフォーサーズじゃなくなりますけどね・・・。


ただの妄想でしたm(__)m

拍手[0回]

PR

最近カメラに凝っていて。といってもそんなに写真は取らないんですがあの機械チックなところが素敵です。

ミラーレスのPL1sをずっと使い続けているのですが、そろそろ新しいカメラがほしい!
まず思ったのがGX7。発表時は微妙だと思いましたが中々にカッコいい。

噂というものはカメラ業界では駄々漏れなのでしょうか?
オリンパスが新しいOMを出すそうです。

自分はOM-dを買おうとずっと思っていました。

で、このカメラはなんとFTが使えるそうなんですよ!

といっても自分は持っていないし、正直オリからmFTの大口径ズームが出ればそれでOKなわけです。


だから必要ないですが、やっぱり欲しい。

理由は像面位相差に対応とのことです。
正直トーシローな私にしてみれば、初心者に優しいカメラこそが必要なわけですよ。
5軸手ぶれ補正、防水、明るいレンズ、動体撮影。

意識せずに良い描写が撮れるものを欲しているわけです。

今日もFTを見て来ました。
やはりE-5はデカすぎて私には・・・・。

でもでも新しい機種はOMとながつくようなので期待です。
というのも、OMは歴代そんなに大きくなく、OM-dが小さすぎたのでバランスが取れるんではないか?
と感じます。

大口径ズーム込で15万円切らないかな・・・・・。


終わり

拍手[0回]

政治的な内容なので、以下はあくまで私個人の一考え方であり他の人に強制するものではありません。
不愉快に感じる人もいると思いますので、閉じていただいて構いません・・・。



さて、
今回の総選挙、争点は原発、TPP、基地問題など様々です。

しかし、上記の事って部分的な狭い狭い問題です。
なのにそれを争点にする。確かに必要ですよ?でも日本人全体を見たらある地限定の事なんですよ。
と思います。

本来総選挙は日本国民全員に影響があるものが争点にすべきだと考えています。
だからTPPも原発も、沖縄の基地問題も主として取り上げられていること自体がおかしいと思います。

今の政治に必要なこと。それは富国強兵ではないでしょうか?
いやいや、軍事国家になれ!といってるわけではありません。

経済の成長と社会保障の不安を取り除くことこそすべての国民に影響があることだと思います。
もちろん震災についても原発についてもTPPなどなど重要なことです。考えなければならないことです。
でもそれは国が大国として顕在している時に争点にするのには良いと思います。
現状国として屋台骨が折れかかってるでしょう。日本・・・・。

では富国強兵になるにはどうしたらいいのでしょう?
強兵は簡単です。憲法9条の改正で日本が軍を持てばいいのです。また、自衛隊は世界でも有数の兵器を所有しています。
軍=徴兵制、平和でなくなる。などなど思われる人がいると思いますが、
あくまで領域に侵入してきたものと交戦できる権利で十分なのです。日本の自衛隊は発砲しなければ交戦できません。
そのように法律で決まっていますから・・・。
自分の国を自分たちで守る。至極当然でしょう。また、古来から外交と軍事力は切っても切れない関係です。
日本が軍を持てばアメリカ、中国とも同じ土俵で外交ができるようになるでしょう。

さて、では富国です。
富国は難しいです。私ももちろん、専門家も実のところわかっていないんじゃないですかね。
デフレ、インフレ等々ありますがどっちがいいんですかね。
正直わかりません。
経済についてちゃんとできる!という政党はないんですかね?
もちろん富国になったら現在の社会保障問題もどうにかなるでしょう。
そうしたら住みやすい国になるのではないでしょうか?
実績の自民党を取るか、いやいやわかりません。もっと経済成長について取り上げてください・・・・。

というわけで私個人として、今回の選挙は富国強兵がテーマだと思います。
テーマをきちんと取組める政党に入れたいですね。
でもまあ、たぶん私だけでしょう。そんなこと争点と考えるの^^;

終わり





拍手[0回]


以下不愉快になられる人もいると思いますので、見たくない人は見ないでくさい。

さて、今日韓の間では、韓国の大統領の発言により外交問題になっています。

正直私は携帯は韓国のサムスン、PCのパーツもLG、サムスンと気にせず使用してきました。
もちろん焼肉も食べますし、キムチも食べます。
KPOPが出てくるといってわざわざ番組を変えるものでもありません。

日本企業の衰退も韓国のせいではなく、経営者の問題と思っています。もちろん今でも思っています。

領土問題にしても反日にしてもさして気にとめませんでした。

私の考えに良いものは良い、悪いものは悪い。そこには政治的な思想はなかったのです。

しかし今回韓国の大統領は天皇陛下を侮辱しました。
もちろん、私自身上記の考え方なので税金泥棒、天皇なんていらない。と思っていました。
ただ、考えが変わったのが東日本大震災です。
被災地に赴き激励の言葉をかける。しかし代わって被災者が天皇陛下のお体に気を使う。
家も財産も土地も人も失っているのにかかわらずです。
その光景をみて一言で表すならば「偉大」でした。

歴史を見ても現代では神でもなく、象徴でもない一般の人を偉大だと感じたのです。

そして今回の韓国大統領の発言に戻ります。
正直どちらでもよかった自分でしたが、今回のことではっきりと嫌韓になりました。
日本人として韓国人をはっきりと差別します。

また、同じ日本人でも韓流好き、親韓の人に対して差別します。

実際表だって何をすることもありませんが、心の中ではそう意識します。

だって、天皇陛下が侮辱されたわけですから。

愛国者でもない自分の中に無意識の中に天皇という存在があったなんてと
思う人は結構多いんじゃないかな?と思います。

でも韓国のものが日本に蔓延してきっても完全に切れないのでできる範囲のことをしていきたいと思います

終わり

拍手[1回]

ルパン三世は昔からの人気アニメです。
なぜ人気があるのか?世界観は現実世界、ストーリーは泥棒、キャラクターは個性あるキャラクター。

私は3番目が強いと思います。
そして各キャラクターの共通点は何かしらの達人である。ことです。
普段達人ぶりを見せ付けられ、ライバルがでる回などはさらにその達人振りが見れるのでわくわくします。
ルパン、次元、ゴエモンの3人ですね。

そしてただ泥棒でない点。泥棒といえば悪人ですが、悪人ではない。
純粋な悪といば各話に出てくる裏社会の偉い方々です。
最近は悪人に情をつける話が多いですが、純粋な悪に立ち向かい、正義の悪党。
警察などの正義が役に立たないのでネズミ小僧のようなポジションだと思います。
とても爽快感があります。つまり悪い言い方を反社会的な物語です。

そして毎回話を盛り上げる不二子。
男は女に弱い。古今東西歴史が物語っています。
しかし、男という生き物は悪女だと思っていてもその悪が魅力があるのです。
わかっていても見入ってしまう。

銭型の親父。物語の噛ませ犬。
しかしこんな人中々いません。不器用なんです。その不器用さに共感し、応援したくなります。
そして不器用な正義としてみればこの親父しか考えられません。
ある意味ルパンと親父は似たもの同士に描いているのかもしれません。

次に殺し屋次元。
ルパンの静止役です。しかし止まらないルパンにしぶしぶ協力します。
次元の面白い事はできるガンマンというイメージがします。
西部時代の流離のガンマンと少し前のガンマンのかっこよさが出ているところが魅力だと思います。

ゴエモン
ゴエモンはなんといっても切れないものはない。
そして真面目に現実世界ではありえないものを切る。
シリアスに見えてやってることはコメディー。自問自答し修行する。まじめにやっているからこそのおかしさが
あります。

最後にルパン。
ルパンはなんといってもかる~い泥棒。間の抜けた泥棒。この二つがコメディーを誘い、
世の中の組織を感じさせない正義。これが男であると感じるところです。
そして1世と誰でも知っている人を引き合いに出し、泥棒として超一流なんだぞ!
と視聴者に思わせる。


ストーリーはこの5人に適当に暴れさせればおもしろい話が自然とできそうです。
それくらいにこの5人は魅力がありすぎるのです。
コメディー部分とシリアス部分。この二つが上手に交わった作品だと思います。








拍手[0回]

<< 前のページ HOME 次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]