忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ルパン三世は昔からの人気アニメです。
なぜ人気があるのか?世界観は現実世界、ストーリーは泥棒、キャラクターは個性あるキャラクター。

私は3番目が強いと思います。
そして各キャラクターの共通点は何かしらの達人である。ことです。
普段達人ぶりを見せ付けられ、ライバルがでる回などはさらにその達人振りが見れるのでわくわくします。
ルパン、次元、ゴエモンの3人ですね。

そしてただ泥棒でない点。泥棒といえば悪人ですが、悪人ではない。
純粋な悪といば各話に出てくる裏社会の偉い方々です。
最近は悪人に情をつける話が多いですが、純粋な悪に立ち向かい、正義の悪党。
警察などの正義が役に立たないのでネズミ小僧のようなポジションだと思います。
とても爽快感があります。つまり悪い言い方を反社会的な物語です。

そして毎回話を盛り上げる不二子。
男は女に弱い。古今東西歴史が物語っています。
しかし、男という生き物は悪女だと思っていてもその悪が魅力があるのです。
わかっていても見入ってしまう。

銭型の親父。物語の噛ませ犬。
しかしこんな人中々いません。不器用なんです。その不器用さに共感し、応援したくなります。
そして不器用な正義としてみればこの親父しか考えられません。
ある意味ルパンと親父は似たもの同士に描いているのかもしれません。

次に殺し屋次元。
ルパンの静止役です。しかし止まらないルパンにしぶしぶ協力します。
次元の面白い事はできるガンマンというイメージがします。
西部時代の流離のガンマンと少し前のガンマンのかっこよさが出ているところが魅力だと思います。

ゴエモン
ゴエモンはなんといっても切れないものはない。
そして真面目に現実世界ではありえないものを切る。
シリアスに見えてやってることはコメディー。自問自答し修行する。まじめにやっているからこそのおかしさが
あります。

最後にルパン。
ルパンはなんといってもかる~い泥棒。間の抜けた泥棒。この二つがコメディーを誘い、
世の中の組織を感じさせない正義。これが男であると感じるところです。
そして1世と誰でも知っている人を引き合いに出し、泥棒として超一流なんだぞ!
と視聴者に思わせる。


ストーリーはこの5人に適当に暴れさせればおもしろい話が自然とできそうです。
それくらいにこの5人は魅力がありすぎるのです。
コメディー部分とシリアス部分。この二つが上手に交わった作品だと思います。








拍手[0回]

PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]