忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


なんとなく自分用のメモです。だから殴り書きです。

ではネタバレもあるので読みたい人は続きをどうぞ・・。

拍手[0回]



先進国の今の富は誰かを踏み台にして生活をしている。
この物語で思ったことで、CMなどで我々は飢餓、テロ、宗教戦争、紛争、虐殺等を知ります。
しかし、それは他の国のことで自分たちには関係ないと一見思います。
見えないことと見ようとしないことは違います。
人は無意識のうちに嫌な事は見ないようにします。
この無意識のうちにがポイントだと思います。

よくなんで気づかなかったんだろうと思う時があります。
しかし、気づいた後は人はその事柄に非常に関心を持ちます。
この小説は関心を持って、人の探究心に火をつけるため、物語にはまるのだと思います。

もう一つ、人は哲学が好きです。
特に生きることと死ぬことについては宗教、歴史上何度も取り上げられます。
興味の対象であるからこそ、人はその事柄を知りたくなると思います。

SFとして面白いこととしては、突然ありえもしない世界を描かれることです。
しかし、その世界では必ず理由づけをされ、実際に起こりえそうな事柄だと思います。
もちろん、フィクションですが、悪い意味でいえば人は人類消滅などフィクション関係なら
現実世界の逃避として大好きなのです。

話のしての構成としては、
ちょいだしです。
物語の本質に触れる前にちょいだしをし、目の前の餌を少し食わせる手法は良く見られます。
先を先を知りたいと思わせるのでしょう。
例えば、ジョンポールがいない中で、大佐がジョンポールについて述べるところ、
ジョンポールと出会うが、今度は虐殺の器官についてしゃべること。
今度は虐殺器官について、知りたくなるが、
先延ばしにされて、悶々としながら最後に理由を知ること。
主人公がその器官をどのように扱うのか気になるところ。

以上です。
PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
<< サマーウォーズ 総評 HOME はつゆきさくら   総評 >>
[351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]