忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんとなく自分用のメモです。だから殴り書きです。

ではネタバレもあるので読みたい人は続きをどうぞ・・。

拍手[0回]


友達とはどう作ればいいのか?マニュアルオンリーなこの時代、友達といったものは参考書には書いていない。
つまり、現代人は親友と呼ぶものがいない。

だからこのストーリーが受けているのだと思います。マニュアル嫌い、友達が作れない人等・・・。

一人ずつ見ていくと
夜空は裏切られて友達ができなかった。詳しくはわかりませんが、このわからないといったことが勝手に追求し、
今後の物語のキーになるのでは?と考えてしまうので良い演出だと思います。

星奈は奴隷と友達とは違う。人間関係の上司と部下といった間柄でしょうか。
どんなに足掻いてもそこには壁があるのです。つまり友達は見ず知らずの対等な人となることが求められます。
優秀な人間は同姓から嫌われるか尊敬されるかのどちらか。
孤独なのです。孤独な人を見ると人は同情したくなります。その同情こそが物語りに引きずりこまれます。

主人公は最初に躓き立ち直れない。よくある話です。共感するかもしれません。

一話みて気づいた事としてはネットスラングがあって面白い。
ネット言葉とは負のイメージがあります。しかし、自分たちだけは知っている言葉です。
人間は禁句が好きで好きでたまらない生き物です。

大小の問題ですが悪い事がすきなのです。


さて、友達が少ないものが努力して増えていくんでしょう。
憧れを持つから疑似体験する話。どうなるか気になりました。
PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< ベン・トー 第一話 総評 HOME たまゆら 1話 総評 >>
[268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]