忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんとなく自分用のメモです。だから殴り書きです。

ではネタバレもあるので読みたい人は続きをどうぞ・・。

拍手[0回]


あまりにもくだらなく、日常を大げさにした物語。
くだらない中に人の道徳が描かれている。例えばマナーがなっていない人を倒していくなど。
どんなにくだらない物語でもマナーが悪い人間を倒していく人は正義になる。
日常では注意しないため爽快感が増長されているのだろう。

また、スーパーの店員にも味がある。お爺さんもどこか人生を悟ったような顔。そして
半額シールを貼るという使命。

お年よりは大切にしなければならない。ここにも正義が生まれる。
この正義の演習がくだらない中にも面白さがあると思いました。

また、何年の何月何日何時何分何秒と時刻を言われるとその時間を人間がインプットする。
そのため日付や場面を変えさせる時に有用だと思われる。

冒頭の槍水の入部届けのシーン。古典的だが気絶させたり脅して入部させる。
このシーンは視聴者ははいりたいと思うはず。しかし物語では入るつもりはない。
この感覚の違いが描かれているように感じました。
そして胸があたりながら書くに当たって男の欲望が描かれています。
誰でも半強制的に絶対な力で女の人に支配されたい欲望があります。
そして創作物は時にはそれで満たされます。それが特徴的だと思いました。

終わり




PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]