忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんとなく自分用のメモです。だから殴り書きです。

ではネタバレもあるので読みたい人は続きをどうぞ・・。

拍手[0回]


人形に心はない。人形に心はないがあったとしたらはかないことだろう。
クリスタベルが自分に心があり、破壊と恐怖の楽譜を引いたのか、それとも予め調整されていたのか。

前者は理想で後者は現実的です。

どちらかわからないことが、この話の面白くミステリーなところだと思いました。
ディズニーのピノキオやロボットのAIなど題材は多くあり、未だに飽きられない話です。

最初にヒューイ達にクリスタベルが会うシーンはこのあと視聴者になにかあるなってことを予測させる事だと思います。
なになに→ワクワク→真相

悪者と対面したときは「○○○君残念だよ」
といって撃ち殺すシーンは人を裏切った感じがし、残忍さがよく現れた表現だと思います。

王道ですが、これらの設定も面白いと思います。



話自体とは関係ないですが気になることは黒の読み姫が「いえす」と「です」。
「す」をよく多用される事です。なにか気になります。

例えば自分にたいし「ミーの話を聞くミー」や「ミーは頭がいいミ。」
「オレの言うことが聞けないのかオ」

中国語で「はい」は「シ」

なら「シ、私もそう思うでシ」


うーん。最初と語尾が重なると違和感があります。
そんなところにキャラの個性が現れるのかなーとも思いました。

あと個人的にあのまったりとした世界観が好きです。心が落ち着きます^^;

終わり


PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]