忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

祝1万カウント突破(゚∀゚≡゚∀゚)
一つの区切りとさせてまた精進したいと思います
こんなブログに踏んだ人、ありがとうございます。そしてさようなら・・・・。

って違うか(笑


本題に入らせていただきまして、遂にE3についての特集が終わりそうです。
最後はそう、E3で大きい花火を打ち上げたMSです(-ω-)

その名前もProject Natal ・・・・。

誰もが目を奪われるほどの操作です。
恐らくコントローラを開発して次世代へと変化していく第一歩かもしれません(-∧-;) 


誰もが見たであろう動画です。見てない人は見てみてください(;・∀・)

カメラで人の手、動きなどを感知してコントローラの代わりにします。
中身はRGBセンサー、深度センサー、マイクロフォン、プロセッサといった具合になっています。
プロセッサがナタルにあるので360での処理がないため負荷が軽いのが特徴です。

非常にeyetoyに近いものであります。

それで何ができるのか・・・・。
自由度がありすぎてクリエイターの技量にもよると思うソフトが増えると思います。
任天堂もソニーも実現したかったはずの技術です(-ω-)

ただ私は家庭用に入れずにゲームセンターに入れてみたら面白そうな気がします。
ゲーセンだとスペースもとれますしね。

気になるのはレスポンスと誤動作です。
これだけの処理を行うのに本当に実現できるのか?
動画ではハメコミなので実際に手に取ってみないと分かりません。

ゲームにこれだけ投資するとは恐ろしきMS(゜_゜)

しかし物事を一面的に見るのではなく、多面的な見方も必要です。

と偉そうに書いていますが、実はこれほかのとこで使えませんか?
MSの主力製品であるOSです^^;

特にノートPCや液晶モニターではカメラ付属が増えてきました。
OSとしてこの技術を利用する手があると思います。

わざわざちょっと作業するときにタッチパネルやマウスも使わなくてよくなったら、
家庭用はもちろん、ビジネスでも応用ができそうです。

つまりどんなことに使われるかはクリエイターの想像力だと思います(笑

さてさてこれでやっとE3の総括が私の中で終わりました。
特集なんてくむんじゃなかったです(-_-;)
ああ~疲れた~(°O°)

さてさて次は東京ゲームショウが大きなイベントです。組むかはわかりません^^;
・・・・。
  ・・・・・・・・・・。
       ・・・・・・・・・・・・・・
                              ・・・実はまだ続きます(笑

拍手[0回]

PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]