忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


日本では発売されなかったコールオブデューティシリーズ。
2008年に発売したのですが、販売できなかった理由は日本が敵国だったかららしい。
第二次世界大戦ですから当然ですね。

ドイツと日本が敵国なのですが、正直ドイツは解放戦というイメージでした。
一方日本線はひたすらゲリラと戦っているようなイメージです。

いや、でもこのゲーム日本で販売すべきだったと思います。
歴史、文化を見ても日本が悪く描かれていますが、欧米から見た日本のイメージが見えていると思います。

というのも太平洋戦争ではアメリカは物量で勝とうとした戦争らしいです。本当かは知りません。
ですから、最新鋭の戦車、飛行機、戦艦を使用しています。
一方、日本は旧式、物量に乏しいです。
で、このゲーム何が怖いかというと捨て身の覚悟で日本軍が戦ってくるからです。
バンザイ、神風は恐ろしいです。

現代の日本人は天皇というものは象徴であって神様でないと教育されてきました。
ですが、このゲームをプレイしていると神様として崇めているので同じ日本人なのか?
と正直思いました。

韓国の元大統領が天皇陛下に対しての侮辱がちょっと前にありました。
そこで感じたことは許せないの一言です。

さてさて、日本人はどっちなんですかね。
猫をかぶっている犬なのでしょうかね。

ただ、アメリカには絶対にわからないでしょう。祖国というものがどいういものなのか。
長い歴史で閉鎖した島国だからこそ、祖国というものがあるのでは?
良くも悪くも日本人について考えさせられるゲームでした。

拍手[0回]

PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]