忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんとなく自分用のメモです。だから殴り書きです。

ではネタバレもあるので読みたい人は続きをどうぞ・・。

拍手[0回]


大人になるということは精神年齢か?実年齢か?
中学生に大人になれと言われても年齢的に微妙な年齢である。しかし自分の考えをもつ年でもある。
ただ、実年齢が達してない以上、そこまでもとめるのも酷な話である。
じゃあ20歳を超えた大人は?と言われると大人は子供てきな大人がある。
大部分が占めている。つまり、10歳も20歳も40歳も60歳も90歳も
大人な人は大人で、子供の人は子供である。ということだと思う。

しかし、ここで投げかけられているのは大人か子供かという話ではない。
皆が大人になるには?という考えを持っているが、人によって千差万別であり、当然皆が疑問に思っていることなのである。
つまり、普段あまり意識をしていないが、疑問を持っている問いかけについて、考えさせることにより、
物語の世界に深くかかわらせようというアプローチが見えると思う。


キャラクター的にツンデレが流行った。これはツンとデレのギャップの差があると、ギャップ萌えという現象
だと思われる。
また、ツンデレが最初は恋愛対象だったことに対し、近年では様々な用途で使用されている。
偽物語でいうところの忍である。
忍は吸血鬼で、主人公とは復讐関係にある。
しかし忍は火憐を探す事を手伝う。理由は火憐が怪奇を探しに行って、心配でほっとけいないという+の考えをもっているからだと推論できる。
しかし主人公の前ではあえて命令なら動くという。次にいうのは協力ならできんが、命令なら聞くという。
そして理由を話す。
本当は探しに行きたいが、ツンとしているツンデレである。
視聴者はこのシーンを見て、二人を応援をしたくなったのではないか?と思う。
つまり、忍というキャラクターが確立されていくシーンであると思う。

終わり
PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]