忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんとなく自分用のメモです。だから殴り書きです。

ではネタバレもあるので読みたい人は続きをどうぞ・・。

拍手[0回]


のほほ~んとした空気ってどんな感じなんだろう?
そう思うとたまゆらの個性のある人々はのんびりさが感じられます。
どうでもいいことにこだわる人、天然な人、つっこみをいれるけど現状が変わらない人、
とにかくくだらないことにラッキーな人。

この人たちがそれぞれのシーンで組み合わせていくとのんびりした感じがします。
忙しい世の中でのんびりしたアニメ、けいおんもそうですが受け入れられるのもわかります。

物語の後半の部分。
お父さんとのポイントがわかった。実は絵にはお父さんに肩車してもらったときの頭が見える。
肩車って結構特別で中々してもらえず、してもらった記憶はいい年しても思い出として残っているものです。
そのポイントの正しさを求めているんじゃない。
お父さんと楽しく過ごした日々と写真に込められた思い。
空想的ですが、現実ばかり見る世の中思い出や空想で浸る楽しさがあります。

プチ秘境旅に出るシーン。
駅で待ち合わせして電車に乗ってバスに乗って歩く。そして歩く。
首都圏では電車に乗ってバスに乗ってもたいして風景が変わりませんが、
地方だと結構変わります。
住宅街から畑に代わり、海に出て、そこから目的地に歩いてくと潮風と漁村の雰囲気が現れ、
丘の見晴らし台の上に立つとまた違った雰囲気になります。
ちょっとした非日常をアニメで描かれていて私にとっては理想だな~って感じます。

終わり


PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 未来日記 総評 第16話 HOME 偽物語 第3話 総評 >>
[299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]