忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


このシリーズの面白いところはキョンの長ったらしいセリフだと思う。
それは、独り言であり、誰もが幼いころに感じていて、育っていた共感部分がある。
例えば、自分は小さい時宇宙人と会いたかった。超能力にあこがれていた。
だれでも思う。
年をとるにつれ、そんなことはないもんだと認識し、見様に大人びる。
まさに主人公と共通な考えがあるため共感しやすいのではないか?

また、それが思っていても現実にありえないと認識しているわけで、
異能者がでてきたらそれはそれで面白い。
小さい頃に考えていたこと=理想なのでは?とも思う。


また、涼宮ハルヒがなにものなのか。
長門有希、朝比奈みくる、小泉と順に回していって、少しのヒントを与えて
読者に考えさせる点など、まるでサスペンス映画みたいだ。

そして当然なる疑問。哲学的な話。
哲学ってあまり意識していないことを気づかせてくれるものだと思う。
例えば自分が特別だと思っていた。でも、それは実は井の中のカエルであり、
自分がいちばんだと思っていたことが崩れる。
これって誰もが知っていはいるけど気づかないところだと思う。


終わり

拍手[0回]

PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
<< ノラガミ 総評 HOME NHK会長の発言問題について >>
[386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]