忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


なんとなく自分用のメモです。だから殴り書きです。
 
ではネタバレもあるので読みたい人は続きをどうぞ・・。



拍手[0回]





孫正義という人間については、この本はあまりにも良く書きすぎていると思います。

この本の面白いと思うことは、
孫は理想を語る。
そして、理想を実現できるように錯覚する。

何を考えて、何をするのか、何をすべきなのか。

ただ、ぼーっと虫の目をして生きている従者から見た人にとっては、
とても理想である。

そして、この従事者がほとんどの人となる。

確かにすごい功績を残した人だが、現実にいる人である。
現実にいる人ってことは共感が生まれる。

理想と共感。

この2つがやっぱり物語の重要なファクターなのかと改めて思いました。



PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
<< 永遠の0  総評 HOME ニセコイ 第一話 総評 >>
[383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]