忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。









なんとなく自分用のメモです。だから殴り書きです。
 
ではネタバレもあるので読みたい人は続きをどうぞ・・。

拍手[0回]



世の中の仕来り(家の仕来り)から戸惑う話。
誰もが多かれ少なかれあり、それが共感できる。

誰が悪いわけでもない。
誰かを恨まなければならない。
これは誰もが感じている部分

自分よりか弱い少女がいじめられ、どうしようもなく差別されていて
立ち直る姿は理想であり、共感し、感動する。

姉も世の中の仕来りによって、差別し過ちを犯す。
どうしようもなかったのが同情を生む。
でも、それを許す。
人は忘れることはあっても、許すことをはしない。
もし、自分の過ちを許して頂いて、罪がなくなるとすれば、
それは神の所業である。

つまり、葉留佳は神と同じことをしたのである。
現実にはありえない光景である。
でも、物語だからこそこういう話は生まれる。
人の理想の形だからである。
だから感動する。

また、話を極端にしたことにもさらに物語に没頭させるのだと思う。
虐待、陰口、親友の人をだます。
こういった演出は、さらにいじめられ役をさらに哀れに思うスパイスとなる。
PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]