忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


大前提は、この映画はアメリカ側から見た戦争の悲惨さであるということです。
戦争というのは、誰もが正しくないと思いつつ、正しいと思う者です。
そんな葛藤をアメリカという強者から見た映画です。

では、そんな映画を見てなぜ、面白いと思うのか。
それは、戦争自体身近な者であり、決して遠い者ではないためです。
また、色々と考えさせられる点です。

映画ですから、事実を盛っているとは思いますが、
やはり主人公が名スナイパーであり、戦時下では仲間のために戦い、
家族のために退役するといった点です。
そして、戦時下での精神疾患を克服し、最後はいい人として殺されます。

いい人が死ぬと、誰もが悲しみます。
その悲しみは映画としてさらに視聴者を引き寄せます。

ただ、本当のこの映画に没頭するのは、やはりアメリカ人であり、
日本人ではないと思います。当事者ではありませんからね。

拍手[0回]

PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]