忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
激しい主題ですヽ(`Д´)ノ
いやでも本当にムカつくというよりもう・・・・・・・・通り越してる?

地デジに必要なB-CASとはご存じでしょうか?

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0806/05/news015.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000039-zdn_n-sci
http://ja.wikipedia.org/wiki/B-CAS

を見ていただけるとわかります。B-CASカードはいらないものであると。

地上波の物を規制掛けるだけで言語道断なのに
なぜに官僚の天下り会社を国民は提供しなくてはいけないのか・・・・・。

だったらせめてソフトウェアで対応しろよって。
B-CASカードを作っている会社があるわけです。
しかもB-CASカードは独占供給で、挙句にあのカード貸しているだけなのです。
・・・・・独占禁止法に引っ掛からないの?

出荷もメーカーのコストが上がるだけヽ(`Д´)ノ

そもそも何でこんなものがあるの?

ここが実は社会の不思議なのです。まさに裏と表(-ω-、)

ここからは独断と偏見が含まれます^^;

まず官僚はどこにいるか?それは政府です。
政府を監視するのはどこか?本当は国会、裁判所です。

しかしそれがない今、政府を叩くのはマスコミです。

マスコミ・・・・・・・・・・・。
マスコミはどこの会社ですか?テレビ局です。

テレビ局は自分の会社の映像を勝手に複製されたくない(私的範囲でも)
だからマスコミもB-CASカードについて取り扱わず、
逆に地デジ化を進めているのです。

もうかるのはどこか?マスコミ、天下りする官僚等
損するのは?そう国民、メーカー等です。

そんな中一つの希望が。それはネットサーフィンです。
マスコミに縛られない、ある程度の自由な情報、言葉の討論などなど。
今までとは少し違う監視役がついたわけです。

そのため与党はこの第2の監視役を見るようになったのです。
それは・・・・・・

B-CASカードの廃止

しかしそれも延びて延びてしています。
理由は?きっとどこかの業界の圧力でしょう。

世界でこんなのやっているのは日本だけなのです。
ああ~天下り天下、官僚が強い日本。改善するところはまず外より内にあるのだと思いますヽ(`Д´)ノ


こんなこと書いてインターネットで公開しているわけで、
本当に官僚が見ていたら・・・・・…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

こんなちゃっちいブログ見てないと思いますけど(笑

拍手[1回]

PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]