忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんとなく自分用のメモです。だから殴り書きです。

ではネタバレもあるので読みたい人は続きをどうぞ・・。

拍手[0回]


どんくさな少年。何をするにもおどおど、妄想ばかりする。
そんな少年が最初に死に、そして謎の転校生と出会う。

しかしその記憶はない。記憶がないまま生活を送るが、次々とフラッシュバックする。

この手法は最初にいきなり話を大きく見せ、その後、その事を小出しに徐々に大きくしていくことで、
最初の事をいつまでも意識させ、やっぱり会ったんだなと思わせる。

イチカの性格も面白い。無垢で純粋、どこか抜けている。
メインヒロインとしていい。しかしどこか謎がある。

柑菜は元々海人との幼馴染的な、先駆けての片思いがあったんだろう。
典型的なツンデレにどこか女の子らしさが漂っている。
ひとつには恋心を胸に抱き、でもそれを相手に伝えられないもどかしさ、
でも周りはそれを理解しているから機会を作る。そんな情景が女の子らしさを演出している。

物語の演出はビデオカメラに沿ってされていることも面白い。
そしてそれは視聴者側にも見え、先が読めそうな演出でもある。
録画をする時は重要なシーン。ズームする時は何かの意味を持たせる。
画面の切り替え、右から左に動いたりするときは別のシーンを持ってきたりする。

とりあえず、広角と通常のレンズの使い方やカメラワークが面白いと思いました。
第一話はこんな感じでした。

終わり




PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 偽物語 第2話 総評 HOME ペンタブで描く。その44 >>
[293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]