忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
記事の内容はこれです。

ソニーは09年に、回路線幅45ナノメートル(ナノは10億分の1)プロセスを採用した先端半導体の量産に乗り出す。家庭用ゲーム機に内蔵する中核半導体「セル/ブロードバンドエンジン」に適応し、長崎にある東芝との共同出資会社や米IBMの工場内にあるラインで量産を始める。同40ナノメートル台の先端プロセスは07年に米インテルや松下電器産業が採用、08年から09年にかけて日本の半導体メーカーも相次いで量産を始める見通し。ソニーも先端プロセスを採用して1枚のウエハーから取れるチップ数を増やし製造コスト削減につなげていく。
 家庭用ゲーム機「プレイステーション3」に内蔵するセルは現在、回路線幅65ナノメートルプロセスを採用。回路線幅を65ナノメートルから45ナノメートルに一世代進めると、直径300ミリメートルウエハーから取れるチップ数は約1・5倍に増える。


ついにソニーが本当にやりたかった、家庭用機器などの半導体部門をとりに行くということです。
この中で注目なのがインテル、松下電器産業、東芝、ソニー、IBM、その他日本の半導体メーカー
が量産を始めるということです。

前久多良木社長の本当の狙い、家電をコンピュータ化すること。

もうその話は2年くらい前ですが、実際に現在アクトビラやDVDレコーダーなどは
パソコンでやっていたことを真似して、操作を簡単にしてきているのである意味当たっている気がします。

Cellの問題は発熱でしたがそれもチップを小さくすることで解消します。

ネットワークの時代が来るなど
今考えると久多良木氏の言っていることは当たっていて手腕?だったのかな~って(笑

それで45nmになるとなんとあくまでも理論値ですが
6GHzも可能になるとかなんとか。あくまでも理論値ですけどね(笑

本当にこれで、久多良木氏が言っていた家電をコンピュータ化する時代は来るのでしょうか?
一部なっていますが、やはり動作が重いです。

東芝のレグザを筆頭に、さまざまなところで活躍できるか?
新しい家電業界の新たな礎ができるかもしれないです。

一番言いたいこと、ソニーさん、PS3のメディア機器としては満足していてこれからも
進化をつづけていってもらいたいです。しかし洋もののゲームが増えていき
和ゲーが少ないです。PS3はゲーム機でもあるのでそこのところお願いしますm(__)m

参考 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0206/kaigai416.htm
    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320080922aaab.html

拍手[0回]

PR
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]