忍者ブログ
soraによるただの戯言です・・・・・
ブログ内の検索に役立て下さい。 あまり役に立たないと思うけど(((=ω=)))
Google
WWW を検索 かいそらブログ内 を検索
注意:当ブログの記事あるいは内容等による問題、トラブルが起きましても私自身は責任を負いませんし関与いたしません。 あくまでも自己責任ということでお願いします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は不愉快に思う方もいるかもしれませんのではじめに、見ない方がいいと思います。
テーマは「ゆとり」です。

さてよくネット上でもゆとり世代とか言われます。
ゆとりだから、ゆとりはどっかに行けとか。

ちなみに自分はゆとり世代です。
学力低下はいたるところにマスコミによって問題になっています。

ゆとり・・・・・・。

そんなゆとり世代の私ですが、今日の昼頃にTBSを通してのピンポンという番組をご存じでしょうか?
私はなんとなくテレビを見ていたのですが、そこで学力低下について、
今の学生は元素記号を図で覚えよう、萌え本などに頼らなくてはいけない世代といってました。
そしてゆとり世代がいかに悪く笑い物であるかのようなコメントが・・・・・。
あたかも全員そうであるかのように・・・・・・・。

私はそんなコメンテーターにいいたい。
「全員がそうではないし、それで覚えられるのが楽になるんだったらいいじゃないの?
じゃあ今でもあなたたち大人はバカにしているけど、元素の役割わかるの?」

と言いたいです。ちなみに自分は化学を専攻してないので
「水兵リーベ僕の船七曲がりシップスクラークか」
で覚えました。覚えやすくするためにこれを使っても馬鹿にされるのでしょうか?

別に萌え本を薦めているわけではないのですが、こういう馬鹿にした大人が多いです。
ましてやテレビで。

そもそもゆとり世代とつけたのもあなたたち大人ですが、生み出したのもあなたたちですよ?
好きでゆとりをやってるわけじゃないんですよ?子供に責任はあるの?
子供が立憲して行政を行っているわけじゃないんですよ?
今の大人は・・・・・。

私たちはよく差別用語を用いてはいけない。テレビでもNGワードと言っていますが、
ゆとりはいいのでしょうか。罪なき子供に差別するとか大人のすること?

特に団塊の世代がバブルを起こして崩壊して不況になって今度はサブプライムローン問題。
未来につなぐ子供たちの芽を自分でつんでなにがゆとり?

お前らのせいで日本がおかしくなったんだろうと。

しかし大人というものは怠慢です。
子供の方が正直です。

最後にすべてがすべてそういうわけではないと思いますが、ピンポンの大人に怒りを覚えました。
個人の戯言なので共感してくれる人がいればうれしいです。

拍手[0回]

PR
私もゆとり世代です。

こういうことは昔の政治家とかがやったことなので、
私たちのせいじゃないですよねぇ・・・(-ω-;)

ゆとりを持たせたことによって、
非行に走る子供が増えたり・・・
昔のようなビシバシ教育ができなかったり・・・


ほかにも、
殺人事件とかあったりすると、
漫画のせいにしたりとか・・・

秋葉はおかしなところとか・・・

マスコミの放送の仕方も一回考え直してもらいたいものです
やなぎさわ 2008/12/24(Wed)12:42:15
そうなんですよね(-ω-)
私たちの責任ではないし、最近の若者はっていうのも
大人の育て方がいけないんじゃないのって
開き直ってもいいと思います(笑

すべてがすべて大人のせいだとは思いませんが
一方的に言われても困ります。

社会に出てもいない自分でなんですが、人の世って
人と人とが繋がりあって出来てるんだと思うんです。
だから若者のせいにするだけでなく、
もう一度大人から子供に伝えなくてはいけないものを
改めて考えて欲しいです。

特にマスコミが率先すべきかと(-ω-)
今のマスコミは期待できませんが・・・・・
sora 2008/12/24(Wed)17:26:29
お名前(Name):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 ]
[05/08 ]
[04/04 ]
[03/27 ]
[08/04 ]
カウンター
アクセス解析

Copyight© かいそらの毎自 All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]